岐阜大学邦楽部

トップへ戻る
邦楽部員が選んだ好きなおすすめ曲
音楽は、そのときの想いとともに人の心に記憶として残ります。その音楽をふとしたときに聞くと信じられないくらい懐かしくなります。 音楽を専門にしている私たちのようなサークルでは特にそういうことがあります。楽しさ、ワクワク、切なさ、悔しさ、うれしさ……。
このページでは、そんな部員の強い想いがこもった曲を挙げてみました。邦楽部4年間で出会った思い出をほんのすこし皆様にお届けします。
ぜひ邦楽部員の大好きな曲を聴いてみてください。

※H24年度卒業記念コンサート・H26年新入生歓迎コンサートで演奏した曲につきましては、1分間ピックアップして公開しました。


まほら (菊重精峰作曲)
*H26年度新入生歓迎コンサートより
・箏曲ですが、和が創りだすクラシックのような独特な雰囲気というか世界観が好きです。特に第二章のソロのようなパートは心に響きます!機会があればもう一度演奏したい一曲です。
・新歓で演奏されていた「まほら」がずっと印象に残っています。メロディーと琴の音色が合っているのだと思います。
・聴きどころがたくさん詰まっていて、演奏するのも聴くのも楽しかった曲だから好きです。
・箏3つと十七絃だけの箏曲で、弾いていてとても楽しかったです(*V∇V) 曲も好きです

浪漫舞流(ろまんぶるー) (水野利彦作曲)
・哀愁漂う前半と激しく打ち鳴らすイメージの後半とが対照的で飽きない。全体的な雰囲気がもの悲しく、寂れたイメージが和楽器と良くマッチしてると思います。
・エキゾチックな雰囲気と低音高音の掛け合いが好き。風景が絵本のように想像できて物語のような曲です。蕭条としたところが気にいっています。
・リズムと音のかっこよさが好き

東風夜曲(とんぷうやきょく) (水野利彦作曲)
*H24年度卒業記念コンサートより
・演奏していて楽しいから。
・はじめて十七絃を弾いた思い出の曲。かなり練習したし、十七絃は他のパートも違うリズムばかり 弾いているからなかなか最初は慣れなくて苦労した。けど、すごく弾いてて楽しい曲だった!この曲が弾けたから、十七絃が好きになれたと思う。曲の雰囲気 も、異国風で今まで弾いた曲とは違って面白かった。また弾きたい曲の一つ。
・異国情緒のある雰囲気が好きだから

アクシス (水川寿也作曲)
*2章のみ H26年度新入生歓迎コンサートより
・長い間練習していますが本当にかっこいい曲だと思います。
・入部して初めての全員での合奏曲だから。
・メロディーが耳に残りやすく、聞いていて楽しい。演奏するのも(大変だけれど)楽しい。箏のかけ合いのところが綺麗でいいなと思った。

トワイライト・セイリング (水川寿也作曲)
・去年先輩がトワイライトを演奏しているのを聞いて心を奪われて以来、最も好きな曲となりました。僕が演奏すると十分なクオリティが出せなくて残念なのですが…いつか弾きたい一曲です
・十七絃と尺八だけでも壮大な雰囲気があり、毎度感動します(´°ω°`)

六段の調べ (八橋検校作曲)
・1人で練習しようと思った時、箏1パートでは曲が成り立たない曲が多い中、六段の調べは箏1パートで曲になります。曲自体も好きです。
・入部してから初めて学年で合奏した曲だから。

残光の彼方へ (水川寿也作曲)
*1章のみ H24年度卒業記念コンサートより
・疾走感があってかっこいいから。ただ、演奏するのはとても難しかった。
・ダイナミックなのがよい。(箏パート)弾けた時の達成感がハンパない(*`艸´) が、弾けない時の絶望感もハンパない(´-ω-`)

宵待ワルツ (笹本武志作曲)
*H26年度新入生歓迎コンサートより
・古曲には中々ないリズムと、柔らかな音がいい。大先輩たちとの演奏だったから練習も本番も緊急したけど、大好きな先輩方と曲だと思って頑張ったのもいい思い出です。
・メロディが好き。

ミッドナイト・レイン(エリザベス・ファルコナー作曲)
・雨の音が箏の音できれいに表現されているから。聞いていても、弾いていても穏やかな気持ちになるから。
・音色がきれいだから。箏の音色に合わせた技法で、情景の描き方が素敵。

三段の調べ (久本玄智作曲)
*H26年度新入生歓迎コンサートより
・1人で練習しようと思った時、箏1パートでは曲が成り立たない曲が多い中、三段の調べは箏1パートで曲になります。曲自体も好きです。

風のモザイク (水川寿也作曲)
・先輩が演奏しているのを聞いて、美しい音色に感動したから

組曲 四季彩 (菊重精峰作曲)
・四部構成で雰囲気が変わって楽しいから。

円転 (水野利彦作曲)
*H26年度新入生歓迎コンサートより
・メロディーが耳に残りやすく、聞いていて楽しい。三絃ならではの迫力があって格好いい曲だと思った。

郷音 (水川寿也作曲)
・静大交流会でやったとき、みんなでリズムに気持ちよく乗れた気がしました。ソロパートは必見

月下美人 (吉崎克彦作曲)
・高校時代に後輩と弾いた思い出の曲だからです。

レボリューション (菊重精峰作曲)
・ネタとして面白い。否が応でも頭に残る曲だから。演奏したことないのに。

渡津海鱗宮(わだつみのいろこのみや) (福田蘭童作曲)
・幻想的な世界に誘ってくれる曲だから(厨2病)

海鳥の詩 (江戸信吾作曲)
・1年生の学フェスで弾いた曲で、今でもバッチリ覚えてる。ノリノリなのが好き。どのパートも、いい感じの難易度!弾きごたえがある

胡笳の歌(こかのうた) (野村正峰作曲)
・異国情緒溢れる音色、雰囲気がすき。奏者によって表現、表情が変わり、腕が試されるから。

大河の響き (水川寿也作曲)
・一番最初に弾いた曲で、自分的に最も完成度が高かった曲。

涼流 (水川寿也作曲)
・お箏の流れる感じが好き・演奏してて気持ちいい・お箏と尺八の対比が綺麗・綺麗な景色がイメージできる感じ(?)・最後の盛り上がりがすごい (イントロ部分からは想像できない感じ)・最後の尺八がすごい

無限流 (水川寿也作曲)
・編成が珍しい(十七絃が2は珍しいと思う)・各パートの掛け合い・とにかくかっこいい(笑

雪月花によせて (吉崎克彦作曲)
・題名が気に入って、聞いたときから本当に好きな曲。最初はゆったり静かにはじまるけどテンポが早くなったところからは迫力がすごくてはっとさせられる。雰囲気がぱっと変わるところがかっこいい!箏のソロは細かくてすごくきれい。いつか、合奏で弾けたら、という憧れの曲。

ホワイトフォレスト (水川寿也作曲)
・尺八の軽やかさと十七絃の重々しさのバランスが良い。風景が絵本のように想像できて物語のような曲です。蕭条としたところが気にいっています。

ケンタウロスの矢 (水川寿也作曲)
・1年生の時の学フェスで演奏した、一番懐かしい気持ちになる思い出の曲です。当時は家でも外でも聴きまくっていたので多分ウォークマンの再生数1位。


いかがでしたか? 私たちはまだまだ未熟でみなさんにお聞かせできるようなレベルではないかもしれません。
しかし、邦楽部の仲間と大好きな邦楽曲に対する想いに関しては、誰にも負けないつもりです。
そんな想いを少しでも曲にのせられるように、より一層練習に励んでいきます。

最後に・・・
アンケートに協力していただいた部員のみなさん、本当にありがとうございました。 平成26年10月31日 大西

Copyright (C) 2008 Hougaku-bu in Gifu university, All rights reserved.