岐阜大学情報連携統括本部・教育システム

 岐阜大学情報連携統括本部では本学学生の教育・研究活動を支援することを目的とする教育システムを運用しています。


不正行為について

インターネットを悪用した、さまざまな不正行為が社会問題となっております。被害にあわないよう十分に注意しましょう。

■不正行為に注意しましょう

 インターネットは非常に便利なものですが、同時にコンピュータウイルスやスパイウェアなどといった危険も潜んでいます。
 コンピュータウイルスやスパイウェアなどに感染してしまうと、個人情報の漏えいやデータの改ざん・破壊などの被害を受ける可能性があります。また、場合によっては感染したことによって意図せず他のパソコンを攻撃してしまい、被害者ではなく加害者になってしまうこともあります。
 また、最近はSNSにより手軽に情報発信が可能ですが、一度発信したものは二度と消すことはできません。軽い気持ちで行ったことが,瞬く間に大事になってしまい、いわゆる「炎上」してしまうことがあります。場合によっては犯罪として刑事罰を受けたり,民事訴訟で損害賠償の対象となる場合もありますので、情報を発信する際にはふさわしい内容であるかどうか、倫理的に問題ないかどうか十分な検討を行ってください。

○不正行為の被害にあわないために・・・

−ID・パスワードはしっかり管理しましょう。
−不正アクセスやフィッシングメールなどの情報に注意しましょう。
−アプリケーションやファイルのダウンロードは十分安全性を確認してから行いましょう。
−ウイルス対策ソフトウェアを活用しましょう。
−不用意に掲示板やホームページ、SNS等に個人情報を書き込まないようにしましょう。

○不正行為に手を染めないために・・・

−他人のログイン名とパスワードを使用してパソコンにログインしてはいけません。
−ネットワーク接続や,コンピュータを利用するとき・・・
−ホームページやSNSを公開するとき・・・
−メールを送るとき・・・

■個人情報保護の取り組み

岐阜大学では、平成17年4月1日より施行された個人情報保護法にのっとり、個人情報保護のための様々な取り組みを行っております。

−個人情報保護への取り組み(岐阜大学公式ホームページ)


岐阜大学| 情報館
◆◆お問い合わせ先◆◆
TEL:058-293-2041
E-mail:imc-help@gifu-u.ac.jp